住宅をパパっと改善~外壁塗装でお家を美フォーアフター~

日本の家の特徴

Roof Coatings

住宅仕様と外壁の変化について

高温多湿の日本では吸湿性の高い木造住宅が一番合っているとされてきましたが、技術向上や外国製品の輸入を経て、洋風建築が取り入れられるようになりました。以前に比べて和室は減少し、畳からフローリングにシフトしたにも関わらず、高い吸湿性が得られるようになった背景には、外壁塗装の進化も影響しています。 これまで木造住宅ではトタン板が外壁に使用されてきましたが、現在ではトタンが姿を消し、ガルバニウム鋼板やスレートが増えています。ガルバニウム鋼板やスレートには高い断熱効果があり、雨風に強く塗装も剥がれにくいという特徴があります。そのため年数経過により外壁塗装が必要になった時も、簡単に施工できるようになり、作業スピードも格段に上がりました。

今後期待される塗料とは

地球温暖化の影響を受け、超巨大台風やゲリラ豪雨、大洪水や竜巻等の異常気象が頻発しているため、現在の外壁塗装は保護するための塗装が行われています。大切な家をいつまでも綺麗な状態でキープするため、断熱や遮熱効果のある塗装に取り組む事で、最新技術が詰まった塗装となっています。 今後期待される外壁塗装には更に進化した塗装が求められるため、一度塗装したら二度と塗装しなくても良い塗料が注目されています。現在の塗料は最長15年で塗り替えの必要がありますが、一度の施工で必要な費用は約70万円するので高い塗料費用となります。この負担を軽減するためには再び塗装する必要が無い塗料が期待されており、最新科学を用いた研究開発が行われています。